FC2ブログ

『俺たちおじさんには歌う唄がない』

自慢じゃないが、絵もへた、字もへただ。そして、極めつけの方向音痴でもある。
方向音痴は、字もへた、絵もへただ。頭の中で考える線の方向性が、正確に具現化できないからだ。(と思う)どんな風に書こうか(描こうか)と、美しくまとめた形は頭の中で出来上がっているが、脳から手に伝達するための信号が、どこかで混線してしまうので、紙の上に描き出されたものは、奇妙奇天烈なものになってしまう。学問的に当てはまるかどうかは分からないが、方向感覚と字や絵のうまい、へたは関連性があるような気がする。鮭が絵を描けばうまいはずだ。

悲しいことに、私は唄もへただ。音程が狂うし、リズム感がない。リズム感のない者は、俳句も、短歌も、詩も上手く作れない。5,7,5と指を折りながらでは、俳句や短歌のもつ心地よいリズムが生まれない。詩も同様だ。つまり、歌の下手な人は、俳句や、短歌、詩が苦手ということになる。逆もまた真なりで、俳句や短歌をサクッと簡単に作ってしまう人は歌もうまいはずだ。
だから、酔流亭さんもsaheiziさんもたぶん歌がうまいに違いない。「よし、俺だって」と、かつて何度か俳句や短歌に挑戦したことがあるが一句、一首もできなかった。

私の若い頃で、野坂昭如や小沢昭一、永六輔がまだ中年だった頃、この3人は「中年御三家」と呼ばれていた。どんな唄かは忘れたが、小沢昭一には「ハーモニカがほしかったんだよ」と「俺たちおじさんには歌う唄がない」という持ち歌があった。今日、車の中で不意にこんなことを思いだした。
二年に一回くらいのペースでカラオケに行くことがあるが、音痴だから、自ら進んで歌うことはない。順番が回ってくると、断ってばかりもいられないから、意を決してマイクをにぎらなければならない。
しかし、歌詞カードをなんべんひっくり返してみても、私には歌う唄がないのだ。こんな時のために、私にぴったりのオリジナルの唄を用意できればいいのだが、そんな唄は誰も作ってくれない。ならばと、家に帰る車の中で、即興で歌を作った。詞だけではない。曲だってちゃんと作ったのだ。どこかで聴いたことがあるような気もするし、明日また、同じメロディーが出てくるか分からない。残念ながら、ブログでは唄も曲も披露できない。せっかくだから、へたな詞を披露する。習作だから細かいケチはつけないでほしい。一番はわりとすらすらできたのだが、韻を踏むことまで意識したら二番はいくら考えても言葉が出て来ない。だから、二番はごまかした。タイトルは小沢昭一の唄をそのままいただいた。


     『
      俺たちおじさんには歌う唄がない』


1 俺たちおじさんには 歌う唄がない

はやりの唄は 覚えられないし

昔の唄は 忘れてしまった

しょうがないから 自分で作ってみたけど

華のない人生だから 歌う詞(うた)もない

若い頃に 何を考えていたとか
    
     何をして遊んだとか

どんな娘(こ)を好きになったとか

どんな夢を持っていたとか

唄にならない詞(うた)ばかり


2 俺たちおじさんには歌う唄がない

恋の歌は リアルじゃないし

涙の唄は 棄ててしまった

しょうがないから 自分で作ってみたけど

華のない人生だから 歌う詞(うた)もない


若い頃に 何を考えていたとか
 

     何をして遊んだとか
     

     どんな娘(こ)を好きになったとか

     どんな夢を持っていたとか
     
     唄にならない詞(うた)ばかり


     




20年ぶりのクラス会のご案内

『唐突に、しかも、かなり気の早い「クラス会開催のご案内」です。正確に言えば「クラス会開催のご案内」の予告篇と言うことになります。2008年開催のクラス会なら、年が明けてからのご案内が常識でありましょうが、ある事情から早めの「クラス会のご案内」を送付することにしました。

地元に住んでいる人はもちろん、遠隔地に住んでいる人にもこの度の「中越沖地震」は大きな衝撃を与えました。しかし、幸いにも上越市は揺れの大きさに比べて大きな被害もなく、みなさんもさぞやホッと胸をなで下ろしたことでしょう。私自身もせいぜい安物の焼き物の人形がサイドボードの上から落っこちて割れた程度の被害で済みました。

ところが、震災から数週間を経た頃、ミウラ君より連絡があり、我々の恩師であるタカハシ先生の住まいが修復不能の大きな被害を受け、ご子息の住む札幌に引っ越しされるとの情報が寄せられました。引っ越しまで数日しかないことから、先日、連絡のついた仲間だけで、お見舞いとお別れに伺ってきました。私は20年以上も先生にお会いしていなかったのですが、20年以上前のタカハシ先生そのまんまのお姿を見てホッとしました。しかし、もう80近い高齢で、彼の地に旅立つ不安と、慣れ親しんだこの地を去る寂しさを訴える先生に名残惜しさを感じながら、、お別れしてきました。

先生とお別れしてから数日後、ちょうど良い機会でもあったので、連絡を取り合って、久しぶりに、地元に住むクラスの仲間7人が集まり旧交ををあたためました。集まった仲間は、ミウラ、ササガワ、カナヤマ、イトウ、サトウ、オオタ、そして私です。何年かぶりで会った仲間ですが、酒の力を借りながらすぐに放課後の教室の雰囲気で盛り上がりました。サトウ君の話によれば、もうすでに20年間クラス会をしていないそうです。しかも来年は節目の卒業から40年目に当たるそうで、「来年は是非ともクラス会を開かなければならない」と話がまとまりご案内を差し上げることになった次第です。しかも、20年前のクラス会の幹事だったサトウ君が妙なことを言い出しました。「20年前、次の幹事はお前だといったはずだ」と私を指さしたのです。昨日のことも忘れているのに20年前のことを私が覚えているはずもありません。強く否定したものの他の5人も私を指さして「ume、お前が幹事だ」と同調したために引くに引けない立場になりました。

そういうことで「昨日のことも忘れる私」ですから、ちょっと早いのですが、忘れないうちに「クラス会のご案内」をお送りすることに相成った次第であります。いつ、どこではまだ決まっておりません。坊さんのカナヤマ君のたっての願いで「かき入れ時のお盆は避けてくれ」との申し入れがありますので、考慮した上で、ご希望の日時、場所をご連絡下さい。              ume』

忘れないうちに投函しましょう。

埋もれていた才能

200709300001.jpg

●この能面はもちろん私が彫ったものではない。近所の農家のじいちゃんが彫ったものである。「暇に任せて彫ってみた。ほしいなら持ってけ」と言うから「はいよ」と言って貰ったものだ。私にはこの種の才能がない。人間の才能というものはいろいろ細分化されており、「俺には何の才能もない」という人も探し出せば常人にはないとんでもない才能を持っていることもある。しかし、その才能をなかなか見つけだすことができないこともある。このじいちゃんもたまたま子供が使わないままに放り投げておいた彫刻刀を手すさびに、間伐材の木に、目的もなく彫ってみたら、お面が出来上がってしまい、よく見たら、結構な出来映えで、「俺にこんな才能があったとは?!」と驚き、それならばと、写真を見ながらその気になって本格的に彫ってみたのがこの能面である。70を過ぎてから発見した才能だったから、いくつも作品を完成させないまま亡くなってしまったのは残念である。

ひょっとしたら私にも発見できないままに埋もれている特異な才能があるかもしれない。

第二種電気工事士不合格!!

嬉しい知らせでないので何となく報告を躊躇していたが、たまたまmitsukiさんのブログで受験の記事が載っていて、流れの良い文章につい乗っかり、コメント欄で不合格の告白をしたのだが、やっぱりこういうことは自分のブログできちっと報告しなければならない。いろいろな事情から「電気工事士」の資格の必要性を感じて、声高らかに受験宣言をしたのは良いが、「学科」こそナントか合格したものの、実技は受験さえしなかった。受験日はちょうど「中越沖地震」の1週間後で、「いやぁー、地震の影響で受験できなくてサー」と言ってごまかす手もあったのだが、ジョージ・ワシントンの例を引くまでもなく、「人を欺いてはいけない」という古来からの教えに従い、正直に告白することにした。
受験日が近づいてきたのに、引き渡しの現場がいくつか重なり、ウメの手も借りたいほどの忙しさで、仕事が間に合わず、このままでは「ケツを割る」ことにもなりかねない状態に陥り、結局受験を犠牲にした。幸いにも[ume超零細小間物工事店]代表で受験した若者は合格。私は来年再受験することにした。我々工事業者にとって[引き渡し」に間に合わせるというのは最重要項目で、親が死のうがオヤシラズが痛もうが絶対守らなければならない。過去ログでも書いたので、[くどいくどき話」になってしまうが、雪国の宿命で、4~5か月続く開店休業状態の冬期間のマイナスを残りの7~8か月で穴埋めしなければならない。いかにもしんどいのだが、好んでこの地に住んでいるのだからしょうがない。これから暮れにかけてが特に忙しい。今週は、世間では3連休の暦周りだが、私は世間の仲間には入てもらえず、3連勤。「くどいくどきばなしの繰り返し」はここまで。言い訳になってしまった。ご期待に添えずゴメンナサイ.saheiziさん。酔流亭さん。


それにしてもこのくそ忙しいときに日本国の最高権力者が「首相辞任」のとんでもないニュースを提供してくれた。私が新聞社の植字工ならこっそりと[辞任]の二文字を[逃亡]に差し替えてやるところだが、その頃私は屋根の上で背に太陽の熱線、顔には融雪パネルの照り返し熱線を浴びて、トースト状態だった。おかげで「日焼けサロン」に行かなくて済む。ありがたいことだ。と話を逸らしちゃいけない。
つい数日前までえらそうに、もっともらしい講釈を垂れていた男の話をつづける。と言いながらも安倍本人は逃亡していなくなったから、もうどうでも良いが、「安倍政権」実現のために奔走した自民党の先生方や文春のアンケートで「やはり安倍でしょう」とのたもうた経済人、チシキ人、政治評論家のみなさま、さて、このオトシマエどう付けてくれますか?ムチな国民をオルグしようとしたのだから、ここはきっちりと反省文でも書いて、朝日新聞に全面広告を掲載してほしい。費用分担、割り勘の連名でも良いが、署名はなるだけ大きな文字で。
小泉退陣後の次期政権は「安倍がベストだ」と「反省文の人たち」がアッチコッチでガーガーいうものだから、てっきり私の目は節穴で、人を見る目がないのかと自信を失いかけてしまった。「トッチャンボーヤ」の風貌と雰囲気は見せかけだけで、本当は「すごい男」なのかもしれないとうっかり思い始めていたのだが、私の目は節穴ではなかったようだ。。それにしても日本は人材不足のようだ。本当にこんな人しかいなかったのか?これほど多くの人をコケにした人いないだろう。ギネスもんだね。日本国民は完璧にコケにされた。「私が「新明解国語辞典」の植字工なら「コケにされる」=「所信表明演説の数日後に首相がトンずらすること」と活字を差し替える。

30年も前の話だが、「スイッチポンでそこそこの米を炊きあげるのが文明で、〈うまく炊けますように〉と祈りながら炊きあげるのが文化」と言ったのは、たしか永六輔だっただろうか。この伝に従えば間違いなく日本の文化は衰退している。「民度は文化に比例する」と言ったのはだれか?私だ。隔離されたところでは文化は確かに存在する。歌舞伎も能も落語ももある。しかし、それは能楽堂や歌舞伎座や寄席や文化ホールに足を運ばなければ触れることが出来ない。日常の中で、われわれはどれほどの文化に触れることが出来るのか・最大メディアのテレビを観るが良い。朝から晩までがなり立てている。文化を育むような祈りがどこにあるのか。この数年〈小泉のようなもの〉や〈安倍のようなもの〉にじわじわと浸食されてきた日本。〈政治は民度の鏡〉と言ったのは誰か。私だ。〈コイズミモドキ〉「アベモドキ」が私の周りで増殖している。このまま放っておけば「モドキ」は増殖し続けるだろう。
と、ここまで書いて何を言いたいのか分からなくなってきた。とんでもなくまとまりのない文章になった。画竜点睛は私の常だが明日の朝は4時起きだ。そうしないと仕事が間に合わない。続きは明日か明後日か明明後日か。あるいはもっと後かな。

ウメが子犬を産んだ!!

20070911201617.jpg


スイマセン、タイトルはうそです。
一番右側の顔のでかいのがウメ。 哲学的思索に耽っているような顔をしているが、実は今晩の夕飯のことを考えているだけです。
左側の子犬たちはウメとはなんの関わりもありません。拡大してみると、ハイ、子犬の写真はポスターです。ウメがツメで引っ掻いた所をポスターで補修しました。

20071005181841.jpg