FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀からの脱出

50がらみの男が幹線から外れた田んぼの中の一本道を仕事に向かうために軽トラックで通りがかった。昨夜来の雪で道路はつるつるに踏み固められ、風が強かったために、あちこちに吹きだまりがある。前方に、1台の乗用車がその吹きだまりに突っ込み、もがいている。亀になった註1

ようだ。50男も以前同じ体験をしている。その時は通りがかった4輪駆動車がロープで引っ張ってくれた。50男はもがいている乗用車の後ろに軽トラを止めた。ダウンジャケットを着た30そこそこと思われる男が車から降りてきた。
「どうした?」50男が尋ねた。「亀になってしまった。」50男は乗用車の下をのぞき込んでみた。車の下に大量の雪を抱えている。船なら暗礁に乗り上げたのと同じ事だ。若い男はさかんにエンジンを吹かし脱出を試みるが暗礁に乗り上げた車は、タイヤが高速で空回りするだけで一向に動く様子がない。

「だめだなこれは、ロープはあるかい?」若い男はかぶりを振った。「スコップは?」やっぱり男は首を横に振る。50男は軽トラからスコップを降ろし、腹ばいになりながら乗用車の腹の下からがちがちに固まった雪を掻き出し始めた。なかなか作業がはかどらない。若い男は黙ってダウンジャケットの襟を立てながらその様子を眺めている。50男は手袋をしていない。若い頃むちゃをして軽い凍傷にかかって以来、指先が血行不良になっていた。汗をかくほど身体は温かいが、寒さで指先の感覚がだんだんだ無くなってきた。若い男は車の中から缶コーヒーをとりだし飲み始めた。何度も時計を見る。小さな声で「時間がないな」と言った。50男は「トラックにもう一つスコップがあるよ」と言いかけたがやめた。
50男は「にいちゃん、俺も時間がないから・・・」次のことばを発するまでわざと間をおく。若い男に不安気な表情が漂う。「俺も時間が無いから、行くわ」
「エッ」と一言発したまま若い男は固まってしまった。若い男に一瞥をくれた凍傷男はニコッと笑って言った。「にいちゃん、心配するなよ!春になれば・・ 雪も融けて・・亀からの脱出だ。もう少しそこにつったっていれば」 


註1 雪国では上記のような様を亀に擬えて 亀になると言う。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

10年ほど前に坂道でカメ一歩手前になりました。
通りかかった若者たちが助けてくれました。
「おじさん、ほらそこでアクセル踏んで!」
オジサンたあ誰のこったい?
と思ったけれどひたすら感謝するカメでしたよ。
今思えばオジサンと言われたのですから喜ぶべきだね。
イヌキだもの。

No title

缶コーヒーのにいちゃんに「もう一つスコップがあるよ」と言いかけてやめた心理は? 
私の夫も猛吹雪の中で亀になってのたれ死にするかというところを通りすがりの方に助けていただきました。ありがとうだけでは言いたりないです。
梅さん、これからは手袋をして下さいね。

No title

絶妙の「間」ですねえ。固まった若い男の間抜け顔が浮かんできます。でも,哀しい話です。

話は変わりますが,めい犬ウメの呼称についてです。「ウメ姫」もいいのですが,韓国・中国では皇帝・王の娘を「公主」(韓国語ではコンスと発音します)といいます。ウメ「公主」でもいいなあ,と思いました。

saheiziさん「お互い様」なんですよ

雪道で立ち往生すると心細いものですが,JAFを呼ぶまでもなく、たいていは誰かが助けてくれます。「地獄で仏」の心境です。お礼を言うと「お互い様」と返事が返ってきます。記事にあるようなことは滅多にありません。しかし、昨今は仕事や日常で、似たようなことがたびたびあります。なんだか哀しい時代になってきました。

ヘンリーさん、50男の意地悪なんでしょうか

トラックにスコップがあるのは分っているはずの缶コーヒーのおにいちゃんは、最後まで「お客さん」でした。「こういう場合は・・・」とひとこと言っても良かったのですがこの時はまあ、身をもって感じる方がずっと学習になると思いました。その後、このにいちゃんがどうなったか気になるところです。春まで待って、フキノトウでも採っていったのでしょうか。

gakiさん、ウメが偉くなったような気がします。

「ウメ公主がumeを従えて」という雰囲気です。

青年の主張

おっさん、頼んでないのにお節介焼いてきて、途中で放り出すのはないだろうよ。
俺だって雪国の人間だし、亀になるなんて隠語も使える身だ。
体を動かさずに脱出する方法を一通り試したら、保険屋に連絡入れるつもりだったさ。
今日日の保健はスタックからの脱出くらい面倒見てくれるんだぜ。
それをいかにもな感じでスコなんざ持ち出されたら、期待しちまうじゃねーの。
サクサクっと抜け出せるかも、、、ってさ。
それがどうしたい?
身体が冷えて温かいもん飲まなきゃいられないほど待たされるとは。
ち、こんなに時間くうなんて、見かけ倒しなオヤジだぜ。
「けっこうです、業者呼びますから」
最初からそう言っときゃぁ。。。
あー、もう間に合わねー。オヤジうぜー。

エンジンふかしてタイヤ空回りさせてるような人間じゃ、脱出作業なんてやったことないんじゃないですか?
何していいかわからなくて立ちすくんでた、、、のかな?
三十代でなければねー、救いもありそうに思いますが。

セイロンさん、お見事!

見事な青年の主張です。その時の青年の気持ちはたぶんそんなものでしょう。親切の押し売りはいけませんなー。ましてや、途中で放り出してはいけません。しかし、当事者はお客さんになってはいけません。JAFを呼ぼうが保険屋を呼ぼうが本人が自らの意志で呼ぶべきでしょう。うざいおやじにつきまとわれたくなかったら、ぼーっと突っ立っていてはいけません。

No title

お疲れ様でした。
本当に最近の・・・・。

酔流亭さん、助けたり、助けられたりです

私自身過去に、このような目にあって随分助けてもらったことがあります。特に、田んぼの中の一本道は、道路と田んぼの区別がつきにくく亀になりやすいのです。田んぼへ落っこちても、軽なら何人かで「よいしょこら」で持ち上げます。雪国の伝統的な互助精神です。

私は、泥亀…

私は、雪国の人間でもないのに、普段から大変な装備をしています。
思い起こせば35年前、北海道は弟子屈近くの山深い林道で、優に15メートルはあるかという水溜りで石の上にスタック。
もがきに、もがいて約2時間、ようやく通りかかりの10トントラックに牽引してもらえる段に。ワイヤーが短いのでトラックも半ば水溜りに入って牽引!何のことは無い、トラック自体もスタック。
幹線道路まで10キロ、泣く思いでランニング、ようやく木材運搬の12輪車に、二重連の牽引をしてもらい脱出!   関西NOを観ての同情からか、謝礼は一切摂ってくれませんでした。
2回目は、umeさんの近くの赤倉の温泉街のど真ん中。今のように完全な除雪が行われていなかっつた頃の春先、積み重なった氷状の雪にスッポリ4輪がはまり込んで、“ 氷亀 ”道行く人も皆笑って通りすぎるだけ。これも30分後に除雪車に牽引されてようやく脱出。
現在は、電動ウインチでは信用できず、手動の10トンまで牽引出来るウインチを常に携行しています。今日も北国からの雪の帰り道、側溝にはまり込んだRV車を救出してきました。今日のことでは無いですが、救出してもらう時に、車体に『キズ』をつけないでくれとか、案外無神経な“ 輩 ”は多いものです!

No title

こういう若者もいるよということで
ちょうど、センター試験最終日にJRが雪のため(雪の重みで竹が線路じゃまして通れなかったのですが)止まってしまって、
仕方がないから、歩いて山越えして帰ろうとしていた高校生が、
(これは私の想像です。じゃないと、そこを歩く必然性がないと思われ)
山の峠で、亀さんになってた車を何台もずっと押し続けていたらしいです。
(新聞の投書にありました。)

高麗山さん、やっぱりでしね。

高麗山さんならたぶんこの種の体験はしていると思っていました。北海道での脱出劇で10km走ったときの心境がひしひしと伝わってきました。そのあとの材木運搬車との遭遇は、まさに「地獄で仏」でしたね。ありがたや、あるがたや。近頃は「地獄でほっとけ」の様相を呈してきているようです。記事の50男の心境は、高麗山さんが無神経な輩に感じたものと同種のものです。それにしても、その重装備なら明日からJAF開業できますよ!

マロンママさん、近頃の若者だって、すてたモンじゃない!

あんまり歳には関係ないようですね。世の中が同種の人間だけで埋め尽くされることはないのでしょう。こんな若者がいると思うと、ホッとします。セイロンさんじゃないけど、出過ぎた親切があだとなるばいもあって、難しいモンです。

はじめましてm(__)m

hanabi-cyuです。先日は、元気になる力強いコメントをありがとうございました☆

この記事を読ませていただいて、やり~\(^o^)/って思いました。
人の親切をあたりまえだと思って自分の立場をわからないなんて・・
私がそこにいたら「誰の車だと思ってるの?おかしくない?この状況!」って言っちゃいます!
って生意気いう私も若かり日頃のこと、当時彼だった夫の車が、雪の中で立ち往生になりました。JRのバスの運転手さんが、助けてくれたのですが、車の助手席に一人で乗っていた私に「何で乗ってるんだ!?」って怒ってくれました。その時にハッ!と気がつきました。私は、当時JRバスの運転手さんが、普通のように動かなくなった車を救助してくれていたのをそれが当たり前だと思って見ていたのでした。だから助けてくれるのは、当たり前って思っていたのです。自分が、免許を取りなんて、よくよくなんてバカな女だったんだろうとしみじみと思いました。
30そこそこの青年が、umeさんのとってくれた行動にどうしてか?って気がついてくれていることを願っています☆

hanabi-cyuさん、経験が先生になることも

あるのじゃないかな。hanabi-cyuさんのように。いろいろな立場で、いろいろな経験を積めばいい。そこから何を学ぶかということでしょう。なーんも学ばない人もいますが。チョコの惨敗もまた経験ですよね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。