FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年ぶりの旅『上州、信州への駆け足小旅行』

週末に上州、信州の小旅行に行ってきた。100年ぶりの旅になる。
出不精である私がたとえ小旅行であっても他県まで足を伸ばすというのは大変な椿事である。日頃の私の行動範囲は、僅かなもので、奈良の大仏さんほどではないにしても、石の地蔵さん並である。今回の旅行にしても、断り切れない仕事がらみの団体旅行だった。
初日は会合だけで一日が終わり、夕刻に上州にある温泉地の宿に着いた。スケジュールの関係で、お茶を飲むまもなく夕飯の時間になってしまった。旅行の楽しみの一つに、宿の夕飯がある。日常から離れた空間の中で呑む酒と彼の地の特産の食材に舌鼓を打つのは、なかなかに魅惑的な時間である。私は酒が呑めないから、「さてどんな料理が出るやら」と、盆の上に並ぶ料理に期待しながら宴席に着いた、というのはウソで、過去の経験に照らし合わせて、まったく期待せずに席に着いた。並んだ料理は、献立までが私の予想通りであった。業務用の半製品であろうカニの甲羅に入ったサメザメとしたグラタン、マグロの赤身とぶりの刺身、小さな鍋に入った「ナントカ鍋」と茶碗蒸、エーとそれから・・・?、一昨日のことだがもう忘れた。品数だけはさらに六、七品もあったであろうか、料金の問題もあるから、極上の料理が出てくるはずはないと承知しているが、それにしてもひどい料理だ。そこには創意も工夫も、努力も、もてなしの心もない、付加価値だけを追求した料理が並んだ。期待していたわけではないから、ガッカリもしなかったし、雑食、大食、早食いの私は文句をつけながらも卓の上の料理らしきものをきれいに平らげて、さっさと部屋に引き上げた。部屋では、朝、コンビニで買った文庫本、宝島社発行の「戦後未解決事件史」を読む。取り上げている事件は、狭山事件、3億円事件、帝銀事件、下山事件、八海事件などなど。このホンで「アナタハン島の女王」事件というものを初めて知った。それにしてもエラク薄味のホンだった。少なくとも二カ所のひどい誤字を発見。宝島社と言えば、昔は意欲的でユニークな出版物があったのだが。
夕飯の仇は朝飯でと言うことで、翌朝、定番朝飯バイキングをたらふく食べて、宿をあとにする。
急性メタボの腹を抱え上州から信州へ。
信州ではまず別所へ。北向き観音を拝んでから安楽寺へ、鎌倉時代に建てられたという国宝「八角三重塔」を腕組みをして見る。当時の建築現場はどんな風であったのだろうか。竣工検査は厳しかったのだろうか。工期をきっちり守らない場合はどんなペナルティーがあったのだろうか。大工の労賃はいかほどだったのか。三重塔の背景にある木々の紅葉が美しい。真っ赤なモミジの葉がひらひらと散る。かわいい実をつけた真弓は当時もこの境内にあったのだろうか。信州には自生しないはずの大きく育った高野槙。紀州から運ばれてきたのか。どれほどの年輪を刻んでいるのか。当時の大工もこの美しい光景を見たのであろうか。しばし古人の営為と木々の生い立ちに思いを馳せる。
時間がない!すぐ近くにある前山寺へ駆け足。樹齢700年のケヤキの大木が出迎えてくれる。どれほどの胴回りなのか。700年が私を圧倒する。ふと大樹の根元を見ると、参拝に訪れた人々から足蹴にされたケヤキの苗が草刈りの餌食にもならず、地に根を張っていた。そっと引き抜く。家に帰ったら六号鉢に植えよう。さて、寺の成り立ちはどうであったか、ホームページを開いてみよう。ン?そんなものどこにも書かれていない。名物「クルミおはぎ」は700円だそうな。

昼飯は近くの観光キノコ園で、キノコ料理。おがくずで育てたシメジ(モドキ)、ナメコ、椎茸。信州まで出かけて食うほどのものではない。シメジ(モドキ)は冷凍して解凍せずにそのまま料理すれば格別にうま味成分が増すと、「・・がってん」で志の輔が言っていた。これくらいの情報キャッチしろよオーナーさん。
お次は上田の「池波正太郎館」による。生原稿、傘ステッキ、自筆の絵、スーツ、いろいろ。。ファンならたまらない品々。館長の説明が丁寧。立ち読みで、「まつや」の項をを読む。フムフムである。ハイ、サヨウナラ。お次は長野博物館で「信玄と謙信展」、入場料500円は高い。ハイ、サヨウナラ。リンゴを買って信州よさらばじゃ。

古き建造物と美しき自然の存在感。薄っぺらな現代人のうごめき。見事なコントラストの旅であった。


スポンサーサイト

COMMENTS

100年振りの旅,お疲れでした。私はほとんど1人旅行なので,夕食は外です。定番(?)の旅館の夕食は長い間食べていないなあ。とまれ,ケヤキがうまく育ちますように。

旅館の朝ごはんを夜に出せばいいのにといつも思います。

gakisさん、100年後はどこへ行こうかな

建造物も、心休まる自然も観光資源である限り100年後もこの姿をたもっているでしょうが、ホテルとキノコ園は一体どうなっているか興味があります。gakisさん仰るところの「志のないところに、文化なんて生まれるはずもありません。100年後に、」同地を再び訪ねてレポートいたします。お楽しみに。

saheiziさん、まったくです。

調理人としての腕はともかく、こいつらはそもそも「旨いものを食ってもらおう」という気持ちさえ持ち合わせていないようです。周りのホテルも同じだからノホホンとしている。
こういうホテルを野放しにしている旅行社と利用者の罪は大きいですぞ。

おはようございます。
別所温泉、いいとこですよね。一昨年、職場の旅行会で行ったのですが、夜中に強い雨が降って翌朝は快晴。おかげで空気が澄んで、紅葉が映えていました。

酔流亭さん2週間遅れの電報申し訳ありません

返信遅くなりました。木々の色付く様をみると私のような無粋な人間でも、風流な気分になります。一首、一句でもひねりたいところなんですが・・・

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八海事件 吉岡

裁判での審理差し戻しについて 裁判での審理差し戻しについて最高裁が高裁に審理を差し戻して、高裁での差し戻し審で出された判決に上告ってできるんですか?また最高裁にいくんでしょうか?(続きを読む) 差し戻し判決では、控訴出来ますか? 差し戻し判決では、控訴出来?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。