FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「野菜の横綱」ギブアップ宣言

私は日本で3本の指にはいるくらい「ナス」が好きだ。地味な野菜で、味も食感もこれと言った特徴がなく、水分がほとんどで、栄養もない野菜だから、「ナス好き」と言っても「こよなくナスを愛する者達による平和連合」(ナ平連)といった大きな勢力はできそうにもない。
実は、ずっと棚晒しになって埃を被っている「野菜の横綱」には、強力に「ナス」を推挙する予定だった。しかし、「横綱」は「強靱な体力と個性的な技を持っていなければならない」という社会通念からすると、ナスはいかにも線が細いのだ。「俺が好きだから」という理由では、あまりに説得力のない横綱推挙の弁だ。色が艶やかで独創的、ヘタを持っている、形がユニーク、煮ても、焼いても、生でも食える、特徴をいくつか探し出してみたものの、よく考えてみれば、そんな野菜ははいくらでもある。そんなこんなで、ひいきの野菜を強引に横綱に推挙できないことを悟った私は、横綱審議委員長としての使命感がだんだんと萎えてきた。知らんぷりを決め込んで、そーっと「野菜のランキング」欄を外してしまおうかとも考えたのだけれど、ここは潔く「も う し わ け あ り ま せ ん」とコウベを10秒ほど垂れた上でのギブアップ宣言をすることにする。「野菜の横綱」は終章を迎えることなくすごすごと退散だ。
さて、しかしだ、ナスの話はまだ続く。今年の我が家の自家栽培のナスは近年にない不出来だった。毎年春先に、私はナス栽培責任者(母)に「他の野菜はどうでも良いから、ナスだけはくれぐれも粗相のないように扱い、身の締まった艶やかなナスを生産してほしい」旨を申しつける。さらに、長雨がたたったとか、日照時間が少なかったとか、日照りで水不足だったとかは言い訳だから、どんな気候になってもナスにとって最適な環境を作るよう付け加える。
ところが、2007年度のナスはひどく不作で品質も悪く、私をガッカリさせた。しかも、あれほど強く言ったにもかかわらず、母は「猛暑による水不足」を不作の理由に挙げ、言い逃れしようとした。「水分不足なら、毎日水遣りをすればいい」と、至極もっともな指摘をしたのだけれど、「それならお前がやればいい」とこれまた至極もっともな反論の言葉だ返ってきた。
「盆栽の水遣りは毎日やっているのだから」とさらに追い打ちを掛ける。
盆栽は家の裏にあるから、水遣りはさほど手間もかからないし、何より本日のご機嫌がどうであるかのお伺いを立てる必要があるので、手抜きをするわけにはいかないが、ナス畑は車で5分ほどの裏山まで登らなければならないから、エネルギーの消費が随分違う。母はさらにたたみかける。「だいたいお前は今年ソバを蒔いて秋になったら旨い蕎麦を食べさせてあげると言ったけど、あの話は一体どうなった?」
一挙に私の方が形勢不利になってきた。、討論会を打ち切るより仕方ない。討論会の流れからすると、来年からは私がナス栽培責任者にならなければいけないようだ。            つづく

次回は『お薦めナス料理』
スポンサーサイト

COMMENTS

麻婆茄子や味噌炒めなど、豚肉と合わせるといい仕事をするナスですが、私はシンプルにフライパンに油をひいて炒めたのにショーガ醤油をかけて頂くのが好きです。
菜箸でガチャガチャかき回してもトロトロした食感で美味しいですが、フライ返しで丁寧にひっくり返したほうが、皮はカリっと、中身はジューシーでベストです。
お新香も、お店で売ってる色の奇麗なものよりも、家で漬けた茶色く変色したもののほうが、自然で美味しいような感じがします。

ナスと油はよくあうようです。厚手のナベで大きめに切ったナスを炒めて,水と醤油だけでフタフタになるまで煮たものも好きです。「討論会」は勝負あった感じで,来年は美味しいナスが食べられそうですね。メデタシ,メデタシ。

mitsukiさんnおはようございます。

お店においてある漬け物はいわば、漬け置きです。漬け物は単純な食物ですが結構デリケートで、塩分濃度、重し、気温、素材、時間によってつけ上がりに差が出ます。自分で漬けた方がおいいしいのはこのせいだと思います。

gakisさん、おはようございます。

ナスの季節も終わりました。ナスの季節が終わると、冬の準備です。
水が不足だからと言って、水遣りをすると、ナスの「甘え」が出てきて、ずーっと水遣りをしなければならないそうです。「野生」のママにしておかないと、一生面倒をみなければならなということです。

そうですね、茄子も。

私は大根を横綱に推挙したのですが、茄子も捨てがたい。西の横綱くらいにしてあげよう。
横綱って二人づつくらいいてもいいんだから、ジャガイモとか白菜なども。
茄子は油にもメリケン粉にも合いますね。挙げた横綱の中ではこれで一番おしゃれなのかも知れない。色なんかもね。ジャガイモとか大根ていかにも野菜だぜ~みたいでしょうが。
話は飛ぶけれど白菜も生がおいしい。ベーコンと一緒に煮てもいける。漬物もいい。ジャガイモの漬物ってないですね?カボチャの漬物もない。漬物部門で選ぶと大根、白菜、茄子あたりは横綱ですなあ。
えっつ!野沢菜?これは技能賞。
ナンだか野菜のごった煮になってきたのでこの辺でおあとがよろしいようで。

saheiziさん、おはようございます

ナスに限らず野菜は「ほっぺたの落ちる」ような強烈なうま味をもっていません。どう料理するかが問題です。肉や魚は、良い素材であれば、誰でもそこそこの料理になります。野菜を上手に味付けできれば一人前と言うことになります。
ここで一応強引に、横綱を決めておきます。
東の正横綱は私のひいきのナス、張り出しに大根、西の正横綱に,mitsukiさんの推す大豆、張り出しにじゃがいも。こんなところでどうでしょうか。

ウ~ン、異議ありだなあ。

張り出しじゃなあ。はりはり漬けってのもあるけど。

西の横綱の大豆に異議ありです。豆腐,みそ,醤油は欠かせませんが,大豆の原形がまったくなくなっています。納豆では,前頭上位止まりですかな。ここはsaheiziさんの言うように,生で食べても美味しく,漬け物,鍋物に欠かせない,それ以上にキムチの主役である白菜が私の押す西の横綱かな?
とまれ,ナスの季節が終わりかけてから,「次回は『お薦めナス料理』」はずるいですよ(笑い)。

ギョッ!異議が二つも。

saheiziさん、誰しも自分の贔屓が不当に評価されたり、無視されると不快なものです。しかし、そんな困難を乗り越えて人間は成長するものではないでしょうか。エッ、今更成長しなくても良い?

gakisさん、大豆に関しては、mitsukiさんが「若い頃はお茶の間をわかせ、歳をとってからは味噌や醤油になって、後進の指導に当たる」とのコメントにいたく感動した結果の横綱推挙です。
「ナスの季節が終わりかけてから・・・・」に関しては、「来るべきナスのシーズン(2008年度)に備えての・・・」と言う風に捉えていただくと、いかに私が気の早い親切な人間であるということが
ことが分かると思うのですが。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。