FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『俺たちおじさんには歌う唄がない』

自慢じゃないが、絵もへた、字もへただ。そして、極めつけの方向音痴でもある。
方向音痴は、字もへた、絵もへただ。頭の中で考える線の方向性が、正確に具現化できないからだ。(と思う)どんな風に書こうか(描こうか)と、美しくまとめた形は頭の中で出来上がっているが、脳から手に伝達するための信号が、どこかで混線してしまうので、紙の上に描き出されたものは、奇妙奇天烈なものになってしまう。学問的に当てはまるかどうかは分からないが、方向感覚と字や絵のうまい、へたは関連性があるような気がする。鮭が絵を描けばうまいはずだ。

悲しいことに、私は唄もへただ。音程が狂うし、リズム感がない。リズム感のない者は、俳句も、短歌も、詩も上手く作れない。5,7,5と指を折りながらでは、俳句や短歌のもつ心地よいリズムが生まれない。詩も同様だ。つまり、歌の下手な人は、俳句や、短歌、詩が苦手ということになる。逆もまた真なりで、俳句や短歌をサクッと簡単に作ってしまう人は歌もうまいはずだ。
だから、酔流亭さんもsaheiziさんもたぶん歌がうまいに違いない。「よし、俺だって」と、かつて何度か俳句や短歌に挑戦したことがあるが一句、一首もできなかった。

私の若い頃で、野坂昭如や小沢昭一、永六輔がまだ中年だった頃、この3人は「中年御三家」と呼ばれていた。どんな唄かは忘れたが、小沢昭一には「ハーモニカがほしかったんだよ」と「俺たちおじさんには歌う唄がない」という持ち歌があった。今日、車の中で不意にこんなことを思いだした。
二年に一回くらいのペースでカラオケに行くことがあるが、音痴だから、自ら進んで歌うことはない。順番が回ってくると、断ってばかりもいられないから、意を決してマイクをにぎらなければならない。
しかし、歌詞カードをなんべんひっくり返してみても、私には歌う唄がないのだ。こんな時のために、私にぴったりのオリジナルの唄を用意できればいいのだが、そんな唄は誰も作ってくれない。ならばと、家に帰る車の中で、即興で歌を作った。詞だけではない。曲だってちゃんと作ったのだ。どこかで聴いたことがあるような気もするし、明日また、同じメロディーが出てくるか分からない。残念ながら、ブログでは唄も曲も披露できない。せっかくだから、へたな詞を披露する。習作だから細かいケチはつけないでほしい。一番はわりとすらすらできたのだが、韻を踏むことまで意識したら二番はいくら考えても言葉が出て来ない。だから、二番はごまかした。タイトルは小沢昭一の唄をそのままいただいた。


     『
      俺たちおじさんには歌う唄がない』


1 俺たちおじさんには 歌う唄がない

はやりの唄は 覚えられないし

昔の唄は 忘れてしまった

しょうがないから 自分で作ってみたけど

華のない人生だから 歌う詞(うた)もない

若い頃に 何を考えていたとか
    
     何をして遊んだとか

どんな娘(こ)を好きになったとか

どんな夢を持っていたとか

唄にならない詞(うた)ばかり


2 俺たちおじさんには歌う唄がない

恋の歌は リアルじゃないし

涙の唄は 棄ててしまった

しょうがないから 自分で作ってみたけど

華のない人生だから 歌う詞(うた)もない


若い頃に 何を考えていたとか
 

     何をして遊んだとか
     

     どんな娘(こ)を好きになったとか

     どんな夢を持っていたとか
     
     唄にならない詞(うた)ばかり


     




スポンサーサイト

COMMENTS

是非メロデイーも

と言っても私は音符を読めないからしょうがないですね。
そんなこと書いていらっしゃますが、この詩を拝見する限り隅に置けないような気がしますよ。

この歌,是非,聞いてみたい。さっとできたいう1番はとても素敵です。すっかり気に入りました。「おぬし,ただ者ではござらぬな」。

saheiziさん、音痴にも5分の魂です。

作詞も作曲も私にはセンスがないのは重々承知しておりますが、ひょんな時ににポコッとそれなりのワンフレーズ、ワンセンテンスが思い浮かぶことがあります。忘れないうちにそれをメモやテープに残しておいて、あとでゆっくりと前後の詞とメロディーを考えると言う手法ならば、シロートでも、そこそこの「作品」が出来上がると思うのですが。車の中で歌うだけなら、世間には迷惑をかけません。

gakisさん、振り返ってみたら何もなかったのです。

雪と同じです。雪は白い「悪魔」や「妖精」に見えることがあります。しかし、春になると、あとかたもなく消えてしまいます。

なんかの替え歌で歌えばうけるかも(笑)
さだまさしの「関白失脚」思い出してしまいました。
http://moto33osaka.web.infoseek.co.jp/kashicard/kanpakusikyaku.htm

マロン415さん、振り返ってみたら、物語になるようなことが何もないのです。寂しい限りです。もちろん、これからだって物語は作れますがね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。