スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二種電気工事士不合格!!

嬉しい知らせでないので何となく報告を躊躇していたが、たまたまmitsukiさんのブログで受験の記事が載っていて、流れの良い文章につい乗っかり、コメント欄で不合格の告白をしたのだが、やっぱりこういうことは自分のブログできちっと報告しなければならない。いろいろな事情から「電気工事士」の資格の必要性を感じて、声高らかに受験宣言をしたのは良いが、「学科」こそナントか合格したものの、実技は受験さえしなかった。受験日はちょうど「中越沖地震」の1週間後で、「いやぁー、地震の影響で受験できなくてサー」と言ってごまかす手もあったのだが、ジョージ・ワシントンの例を引くまでもなく、「人を欺いてはいけない」という古来からの教えに従い、正直に告白することにした。
受験日が近づいてきたのに、引き渡しの現場がいくつか重なり、ウメの手も借りたいほどの忙しさで、仕事が間に合わず、このままでは「ケツを割る」ことにもなりかねない状態に陥り、結局受験を犠牲にした。幸いにも[ume超零細小間物工事店]代表で受験した若者は合格。私は来年再受験することにした。我々工事業者にとって[引き渡し」に間に合わせるというのは最重要項目で、親が死のうがオヤシラズが痛もうが絶対守らなければならない。過去ログでも書いたので、[くどいくどき話」になってしまうが、雪国の宿命で、4~5か月続く開店休業状態の冬期間のマイナスを残りの7~8か月で穴埋めしなければならない。いかにもしんどいのだが、好んでこの地に住んでいるのだからしょうがない。これから暮れにかけてが特に忙しい。今週は、世間では3連休の暦周りだが、私は世間の仲間には入てもらえず、3連勤。「くどいくどきばなしの繰り返し」はここまで。言い訳になってしまった。ご期待に添えずゴメンナサイ.saheiziさん。酔流亭さん。


それにしてもこのくそ忙しいときに日本国の最高権力者が「首相辞任」のとんでもないニュースを提供してくれた。私が新聞社の植字工ならこっそりと[辞任]の二文字を[逃亡]に差し替えてやるところだが、その頃私は屋根の上で背に太陽の熱線、顔には融雪パネルの照り返し熱線を浴びて、トースト状態だった。おかげで「日焼けサロン」に行かなくて済む。ありがたいことだ。と話を逸らしちゃいけない。
つい数日前までえらそうに、もっともらしい講釈を垂れていた男の話をつづける。と言いながらも安倍本人は逃亡していなくなったから、もうどうでも良いが、「安倍政権」実現のために奔走した自民党の先生方や文春のアンケートで「やはり安倍でしょう」とのたもうた経済人、チシキ人、政治評論家のみなさま、さて、このオトシマエどう付けてくれますか?ムチな国民をオルグしようとしたのだから、ここはきっちりと反省文でも書いて、朝日新聞に全面広告を掲載してほしい。費用分担、割り勘の連名でも良いが、署名はなるだけ大きな文字で。
小泉退陣後の次期政権は「安倍がベストだ」と「反省文の人たち」がアッチコッチでガーガーいうものだから、てっきり私の目は節穴で、人を見る目がないのかと自信を失いかけてしまった。「トッチャンボーヤ」の風貌と雰囲気は見せかけだけで、本当は「すごい男」なのかもしれないとうっかり思い始めていたのだが、私の目は節穴ではなかったようだ。。それにしても日本は人材不足のようだ。本当にこんな人しかいなかったのか?これほど多くの人をコケにした人いないだろう。ギネスもんだね。日本国民は完璧にコケにされた。「私が「新明解国語辞典」の植字工なら「コケにされる」=「所信表明演説の数日後に首相がトンずらすること」と活字を差し替える。

30年も前の話だが、「スイッチポンでそこそこの米を炊きあげるのが文明で、〈うまく炊けますように〉と祈りながら炊きあげるのが文化」と言ったのは、たしか永六輔だっただろうか。この伝に従えば間違いなく日本の文化は衰退している。「民度は文化に比例する」と言ったのはだれか?私だ。隔離されたところでは文化は確かに存在する。歌舞伎も能も落語ももある。しかし、それは能楽堂や歌舞伎座や寄席や文化ホールに足を運ばなければ触れることが出来ない。日常の中で、われわれはどれほどの文化に触れることが出来るのか・最大メディアのテレビを観るが良い。朝から晩までがなり立てている。文化を育むような祈りがどこにあるのか。この数年〈小泉のようなもの〉や〈安倍のようなもの〉にじわじわと浸食されてきた日本。〈政治は民度の鏡〉と言ったのは誰か。私だ。〈コイズミモドキ〉「アベモドキ」が私の周りで増殖している。このまま放っておけば「モドキ」は増殖し続けるだろう。
と、ここまで書いて何を言いたいのか分からなくなってきた。とんでもなくまとまりのない文章になった。画竜点睛は私の常だが明日の朝は4時起きだ。そうしないと仕事が間に合わない。続きは明日か明後日か明明後日か。あるいはもっと後かな。
スポンサーサイト

COMMENTS

試験は年に一回なのでしょうか?
冬の閑期にあればいいのですけど。
溶接の実技試験は3年に一度受け直さなければならず、実際に鋼材を機械で曲げて、溶接箇所にヒビや割れが出ないか見られるので、その道10年のベテランでも落ちる事があるそうです。
私は運が良かったです。

試験は一年に一回、夏期に行います

アベシンゾーがいなくなっても、このスケジュールは変わらないでしょう。
実を言うと、先月試験センターから電話がありまして、
「試験を欠席したのは地震と関係があるのですか?」と訊かれました。
(ひょっとして、地震に関係ありと答えると、再試験をしてくれるのかな)と思い、答えに迷っておりましたが、口から出た言葉は、つい正直に「いえ、仕事が忙しかったもので・・・」
「ああそうですか、地震の関係だったら、再試験を受けてもらおうかと思いまして」「・・・」
やっぱりでした。
あらかじめ用意したウソはつけるのですが、とっさのウソがつけません。

第二種電気工事士に合格した若者を親方のもと,28連勤の職人に幸あれ!!
フクタ,フクタに草木もなびいていますが,首相職務代理がおれば,国会の空転も少しは避けられたかも知れません。1日ごとに3億円が浪費されているとのこと,自民党に請求書を出したくなります。

ヘーゲルの言葉に実感

gakisさんが引き合いに出した言葉「政府の悪さは国民の悪さに比例する」を実感しています。世の中のシステムを公正で、機能的、合理的なものするには政治の力が必要なのは当然なことですし、国民の負託を受けている議員や政党に厳しい要求をするのも当然ですが、名もなく、富もない国民ひとり一人も、社会の一員としてどんな風に考え、行動しているか自問する必要もあるようです。
モラルという言葉でくくりたくはありませんが、「せこくて、あこぎで、こすっからい」人間が近頃増えているような気がします。
「幸あれ」の言葉ごちそうさまです。

2022年に地球は滅亡する

と、アメリカ国防総省の極秘文書にあるとか?
環境問題がのっぴきならないところに来ているようですね。ガソリンの代わりに玉蜀黍を使ったら小麦の作付け面積は減るし家畜の餌や飢餓民族の食糧はなくなる。トラックみたいな自家用車に乗るアメリカの金持ちのためにそんな犠牲が許されるのか?
文化も文明も終わりに近づいている?そんなアメリカにべったりの小泉が未だに大きな顔をしている。考えてみれば安倍なんて問題外ですね。

saheiziさん「暮らしのスケールダウン」が必要ですね

ビフテキ文化はかつて日本人の憧れでした。しかし、ビフテキなんて言うものは、塩こしょうさえあれば誰でも味付けできる代物で、ハンバーガー、ポテトチップスしかりです。そこには微妙なサジ加減も祈りも不要です。日本文化を特別視する必要もありませんが、妙なアクセントと巻き舌で歌う横文字多用の歌を聴くと虫ずが走り。この時ばかりはナショナリストに変貌します。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。