FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中越沖地震レポート

●今日、震災後初めて柏崎市に行ってきた。実を言うと、近くに住んでいながら、テレビで流れるニュース以上の情報の持ち合わせは、私にはなかった。今日の柏崎行きは震災がらみの仕事で、私が足を踏み入れた地区は特に被害の大きかった地区ではなかったようだが、それでも、倒壊した家々がここ彼処に見受けられ、屋根の上の青いシートが目立つ。休憩時間を利用して、少し近所を歩いてみた。一見、家屋に何の損傷も見られない家でも「要注意」の張り紙が貼ってあった。いぶかしげに、しばらく眺めていたら、近所の住民が教えてくれた。「液状化現象」のせいで地盤沈下したために、家がかなり傾いているのが「要注意」の理由で、足元を見れば、その時吹き出した堆積物がまだかなり残っていた。聞くところによれば、土砂が激しく噴水のように吹き上げたのだそうで、新しい家も古い家も差別なく被害を受けていた。これを元通りにするには大変な費用がかかる。しかも、元々地盤の悪い場所と言うことを考えると、仮に復旧しても、いつ何時また地震が襲ってくるか分からないのだから、住民としてはやりきれない思いに駆られるはずだ。

●ライフライン完全復活まではほど遠い状態の中、全国各地から駆けつけたガス会社、水道局、その協力会社が必死にガス水道管の復旧作業をしていた。いかにも頼もしげで、力強い作業風景であった。技術を要する作業だけに誰でもと言うわけにはいかない。これだけの数の救援部隊が柏崎に集結した姿を見ると、ニッポンまだ捨てたものではないぞと思った。

●夏休みに入ったので子供達が元気に走り回っていた。子供達は大人達のように深刻に事態を受け止めていないのだろうが、子供達の元気な姿が町に活気を与えていた。極楽トンボと言ってしまえばそれまでだが、「おまえ達がこれから良い町に作り替えていかなければならないのだ、今のうちの遊んでおけよ」と、saheiziさんじゃないけど、背中で語りかけてみた。

●町が落ち着いてきたら是非柏崎に来てもらいたい。なぜか柏崎は妙なものをコレクションにするコレクターが多い町で、「柏崎コレクションビレッジ」には、「とんち教室」でお馴染みの石黒敬七旦那の「トンチン館」を始めとする逸品珍品のコレクションが多数展示されている。なかなか見応えのあるスポットだ。

●試算によれば一兆超えの損害があった模様で、町の復興には莫大な費用と不屈の精神が必要だ。さてこれからどうするか、ニッポンが試されるときである。


スポンサーサイト

COMMENTS

仰るとおり、テレビで見ているとみんな頑張っているし応援に行く人も多いですね。自分は見てるだけのクセにほっとします。umeさんの背中はものを言ったはずですよ。

天災は人を選ばない。選べばいいのにね。

saheiziさんこんばんは。どんなに正しく生きていようが、どんなに優しい心を持っていようが天災は人を選んで攻撃しません。被害に遭った人たちは大きな不幸を背負い込んでしまいましたが、新潟県人は昔から粘り強いといわれてきました。必ずやきっちりと反攻するものと思います。何が出来るか分かりませんが、地元でもありますから、何か反攻の手助けができればと思っています。

レポートを拝読して

umeさん、こんにちは。
レポートを拝読して、言葉にし難いけど、逆にこちらが元気を頂いた気がしています。
地震の復興に寄与するのは、被災地の名物を購入するですとか、被災地近くの観光予定をキャンセルすることなく、とにかく訪れることが何よりと聞いたことがあります。
柏崎は、小生が大学院の学生の時の1年先輩の出身地であり、高校3年間やっていた応援団で同じ釜の飯を食った同期の確か母方の故郷だったような記憶が…。
決して小生と無縁ではない所です。
小生も、昨日ですが、可能な範囲で募金…させていただきました。
本当に気持ちだけですが…。

Dancyoさんこんばんは

コメントありがとうございます。「お互い様」という言葉があります。明日は我が身であります。今回はたまたま新潟だったということです。救援部隊を見ていると「お互い様」の精神が日本にはまだ残っていることに意を強くしました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。