スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊に襲われる

もちろん私ではない。仕事仲間の話である。野菜の横綱は何であるかをテーマに投稿の下書きをしていたのであるが、野菜にはカリスマ的存がいないために、選考が難航して記事がなかなかアップできないでいた。そんなところへ知人より「ホシノさんが熊に襲われた」との連絡があり、早速本日見舞いに行った。「野菜の横綱」よりは「熊に襲われる」のほうがニュースバリューがある。よって、テーマは変更された。

たばこがすいたいということで病室より車へ移動したくらいだから、けがの方は大分快復しており、深刻な状況ではなかった。何となくガッカリだとホシノさんに伝えた。臨場感にあふれた話が聞けるかと思っていたが、うそみたいに間抜けな話であった。


ume「本当に、熊に襲われたの?」

ホシノ「たぶん。目が覚めたら、顔にべったり血がついていたから、多分そうであろうと思う」

ume「襲われたときの様子を俺は聞きたい。そういう答では困る」

ホシノ「困ると言われても困る」

話が盛り上がらないので、ちょっと説明を加える。先々週の土曜日のこと、ホシノさんは友人と二人で蓮華温泉(糸魚川市、白馬岳の近く)へタケノコ採り(根曲り竹の子供、当地ではタケノコというと孟宗ではなくコッチのほうをさす。当地にはタケノコに一生を捧げると言うような人〈タケノコ族根曲り派過激分子=TNk〉がゴマンといて、かなりの勢力を保っている。大量に採取したものは瓶詰めにして保存食とする。TNkはタケノコのとれる所ならどこへでも分け入っていく。大量に作った瓶詰めは友人、知人、親戚にお裾分け。私はもちろんもらう方。採るだけで食わないと言う人もいる。)に出かけた。現地に到着したのが午前4時、8時に戻ってくることにして、二手に分かれて採取開始。山菜採りをした人なら分かるだろうが、あっちコッチと夢中になって探していると、とんでもないところまで移動して、現在地がどこであるかさっぱり分からなくなることがある。毎年春になると行方不明者が出るのはこういう理由からだ。で、ホシノさんも例にもれずで道に迷った。まだ朝の8時である。 約束の時間は過ぎたもののそのうち道も見つかるであろうとをくくって、「迷いついで」に「量も少なかった」のでにタケノコ採りを続行。TNKの本領発揮である。しかし、一向に道が見つからない。さすがのホシノさんも真剣になって道を探索したが見つからない。その頃、すでに捜索隊も出動していたが、暗くなってきたため、捜索中断。ホシノさんも探索中断、ビバークを決意。疲れ切ったホシノさんはうとうと眠りにつく。事件は深夜に起きるのであるが、襲われたときの様子を本人はよく覚えていない。[そういえばなんだか寝ているときに、二つの黒い影がそばへやって来て・・・うーん分からん。朝起きてみたら顔に血が・・・。]朝になって気持ちが落ち着いた(熊に襲われた後だが)ホシノさんは自力で本道を探し当てる。無事生還である。体の点検をしたら、顔、腕、足と熊にひっかかれた跡が無数にあった。

ume「道路が見つかったときはホッとしたであろう?」

ホシノ「まあね」と少し照れる。

ume「腹も減ったであろう、のども渇いたであろう」

ホシノ「捜索隊に会ったときはたばこが吸いたくて、水より何よりたばこをもらった。それにしても、くやしいのは・・・熊に・・・タケノコを盗られたことだ。俺は一体蓮華に何をしに行ったんだ。」

タケノコ採りをしているときにホシノさんは二頭の子熊を見た(その時なぜ逃げぬ?)と言うからたぶんそいつらが襲ったのであろう。しかもここかしこに熊の糞が散乱していた(なぜ逃げぬ?)のも見ている。TNKはこれしきのことではへこたれない。

スポンサーサイト

COMMENTS

TNKバンザイ!

TNKって名称は認知度如何?
熊が根曲がり食べているところを想像してしまいます。
傑作です!

スイマセンTNKは私の造語でした

しかし、本文にも書いたとおり当地には「犬も歩けばTNKにあたる」というくらいの勢力を誇っております。私はHTNK(冷ややかTNKをに眺める派)です。名称はともかくTNKは一大勢力です。参院選に誰か立てれば当選するかもです。

勝手にリンクさせていただきました

私だけが読んでいるのはもったいないので。すみません。

おかげさまで1000HIT

昨晩カウンターをみたら「おっ、もうじき1000HITじゃん」と思っていたところ、今朝のカウンター難なく1000を超えていた。「あれっ?」と思いコメント欄を開いた。「なるほど」納得です。ご協力ありがとうございました。性格的にはムラッ気が多く、決してコツコツタイプではない。わずか数ヶ月といえども、駄文をコツコツ積み上げてきた結果が1000と言う数字に結びついたのだと、感慨ひとしおです。saheiziさんのコメントは励みになります。これからもよろしくお願いいたします。

鱒二愛読者より

初めまして。
今日の ume さんの口調は井伏鱒二風で、
ふっと鱒二さんが生まれ変わってきたのかなと思いました。
楽しい記事をありがとうございます。 
ホシノさんはまた懲りずに筍取りにお出かけになるんでしょうね。

yukoさんいらっしゃいませ

初めまして。1週間に1度の更新がやっとの日記です。水たまりで釣り糸をたれている気持ちになることもありますが、時々、saheiziさんというやさしいブログ仲間(と言うのもおこがましいのですが)の暖かい配慮で、”お客さん”をこちらにまわしていただいております。殺風景でみすぼらしいブログではありますが、今後もよろしくお願いいたします。それにしても、鱒二はちょっと言い過ぎですよ,yukoさん。コメントありがとうございました。

1000ヒットおめでとうございます

こんばんは。
井伏鱒二ふうというのは、言いえて妙ですね。わたしも鱒二が大好きです。ということはumeさんの文章も好き。
熊の話も面白かった(襲われた方は大変でしたが)です。

いやはや

私には地の利を活かしたこのような記事しか書けません。背伸びしても仕方ありません。愚ブログのお手本は、何を隠そう、「梟通信」であり、そして、「酔流亭日乗」なのであります。お二方のブログを読むと勉強不足を痛感させられます。何を今更川場柳ではありますが、も少しきちっとした文章が書けるように鍛錬したいと思います。「野菜の横綱」も、書いては消し書いては消しで、一向に日の目を見ません。

白馬の蕎麦屋の件調べてみます。昨晩、母から蕎麦蒔きの指導を受けました。お盆過ぎが蒔き時のようです。「どうせおまえなんかできもしないくせに」と非難されましたが。「・・・・なんとか・・・・」

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。