FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀からの脱出

50がらみの男が幹線から外れた田んぼの中の一本道を仕事に向かうために軽トラックで通りがかった。昨夜来の雪で道路はつるつるに踏み固められ、風が強かったために、あちこちに吹きだまりがある。前方に、1台の乗用車がその吹きだまりに突っ込み、もがいている。亀になった註1

ようだ。50男も以前同じ体験をしている。その時は通りがかった4輪駆動車がロープで引っ張ってくれた。50男はもがいている乗用車の後ろに軽トラを止めた。ダウンジャケットを着た30そこそこと思われる男が車から降りてきた。
「どうした?」50男が尋ねた。「亀になってしまった。」50男は乗用車の下をのぞき込んでみた。車の下に大量の雪を抱えている。船なら暗礁に乗り上げたのと同じ事だ。若い男はさかんにエンジンを吹かし脱出を試みるが暗礁に乗り上げた車は、タイヤが高速で空回りするだけで一向に動く様子がない。

「だめだなこれは、ロープはあるかい?」若い男はかぶりを振った。「スコップは?」やっぱり男は首を横に振る。50男は軽トラからスコップを降ろし、腹ばいになりながら乗用車の腹の下からがちがちに固まった雪を掻き出し始めた。なかなか作業がはかどらない。若い男は黙ってダウンジャケットの襟を立てながらその様子を眺めている。50男は手袋をしていない。若い頃むちゃをして軽い凍傷にかかって以来、指先が血行不良になっていた。汗をかくほど身体は温かいが、寒さで指先の感覚がだんだんだ無くなってきた。若い男は車の中から缶コーヒーをとりだし飲み始めた。何度も時計を見る。小さな声で「時間がないな」と言った。50男は「トラックにもう一つスコップがあるよ」と言いかけたがやめた。
50男は「にいちゃん、俺も時間がないから・・・」次のことばを発するまでわざと間をおく。若い男に不安気な表情が漂う。「俺も時間が無いから、行くわ」
「エッ」と一言発したまま若い男は固まってしまった。若い男に一瞥をくれた凍傷男はニコッと笑って言った。「にいちゃん、心配するなよ!春になれば・・ 雪も融けて・・亀からの脱出だ。もう少しそこにつったっていれば」 


註1 雪国では上記のような様を亀に擬えて 亀になると言う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。