FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜の季節がやってきた

山菜の季節です。今のところ私の胃袋に納まったのは、わらび、こごめ(こごみ)、うど、たらの芽というところです。わらびはおひたし、こごめはサラダ、うどは初物は生で味噌をつけて食べ、二番採り以降はてんぷら、ぬた、きんぴら(皮の部分)がいい。たらの芽はこれはもうてんぷらでしょう。若い頃は、この季節は憂鬱だったもので、明けても暮れても山菜づくしの食卓にうんざりしたものでしたが、歳のせいでしょうか、近頃は山菜独特の味わいが好きになり、この季節は楽しみの季節となりました。ぜんまいも採れ始めました。こいつだけは取れたてを食べるということがなく、乾燥させて保存食にします。この地独特の具だくさんの雑煮に入れたり、味噌汁の具に入れます。

つい今しがた当家の竹林(孟宗)に筍の出具合はどんなものか見に行ってきたのだけれど、残念、まだ私の目にはその姿が見えませんでした。去年が豊作だったので今年はだめかなー。一般的には、筍はまだ頭が土の中で隠れているものを掘り起こして採取する。そのほうがあくもなく柔らかいので珍重される。しかし、私とすれば、もっと成長して大きくなったものの方が好きだ。わかめ(これも自家採取)といっしょに煮込んで、わかめがどろどろに溶けるまで鍋は火からはずさない。念をいれるならば、さらに二日、三日と煮返す。筍はべっこう色にお化粧する。根っこに近いところも柔らくなり、これを肴に一杯(おっと、私は下戸だった)。がりがり、わりわりとその歯ごたえがいいのだ。どこぞの料亭のような上品な味ではないが、なかなか味わい深いものがある。

当地では、筍と言うと姫竹(根曲がり竹とも言うのかな)の子供のことを指す。親指位の太さのやつだ。中学生のときに学校行事で筍狩りというのがあって、取れたての筍を鮭缶、豚バラ、じゃがいもといっしょに味噌汁仕立てにする。現地でわいわい言いながら食べる。懐かしい行事であったが、今はもうこの行事もなくなったようだ。ネットはようやくのことでisdn、都市ガスも下水道も、コンビにさえも近くにはない地域ではあるけれど、自然の恵みだけは味方してくれている。
スポンサーサイト

早くも大失態!『保存』が投稿の同義語とは知らなんだ。初投稿で早くも大失態です。配偶者から「ごはん!」の知らせありで、ここはひとつ書き始めたばかりの『ご挨拶』を保存してからメシを食べようと、保存ボタンをポチッとひと落し、夕飯後、落ち着いたところで、マニュアルを読んだら『保存とは投稿のことである』と書いてある。ひょっとしたらと思いブログ検索をしたら、出てきました、『盆の風だより』が。と、いうしだいです。で、やり直しです。

改めて最初から

ネット用語が分からない(というよりネットそのものが分からない)『k』と『Q』のキーがウメのいたずらで欠落している。パソコンの電源がなんの前触れもなく、突然切れる。(で、保存とあいなったわけでありますが)デジカメが入院中で写真でスペース取りができない(もっとも、写真の貼り付け方がまだわからない)ウメ(ラブラドール メス 5歳)私の周りでうろうろ、じゃまだ。冬の管理が悪く、何鉢も盆栽を枯らせてしまった(非常に大きな心の痛手)仕事(自営業)を取り巻く環境が極端に悪化・・・
何をとってみても、私がブログを始めるにはあまりに悪条件が多すぎる。無法松やぼっちゃん、ぼっちゃんの親なみの無鉄砲というものでありますが、御用とお急ぎでない方は斜め読みでけっこう、どうぞお立ち寄りください。あいにくと、拙宅には玄米茶とネスカフェしかありません。適温にてお出しいたします、おくつろぎいただきたい。

若葉マークのブロガーとしてはあまり大きなことは言えないけれど、身辺雑記を綴りながら、皆様とコメントのやりとりができればしあわせであります。文章は書きなれておりません、拙い表現があったらお許し願いたい。

わたしがブログを始めるきっかけを作ったのは、「建築家の育住日記」のYUKI-archさんと「酔流亭日乗」のsuiryuteiさんのブログであります。(すいません、リンクの貼り方が分かりません)お二方の健筆、博学、洞察力、そして、その文章スタイルのゆるぎなさにいつも感心しておりました。先達者の足元にも及ばない存在ではありますが、以後、末席にてお茶出しをしながら、お話の仲間に入れていただきたい。風任せの更新になると思いますが、越後の地より『盆の風だより』を発信いたします。

盆の風だより

ネット用語が分からない、『T』のキーと『Q』のキーがウメのいたずらで欠落している、デジカメが入院中

テーマ : ブログはじめました - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。