スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀からの脱出

50がらみの男が幹線から外れた田んぼの中の一本道を仕事に向かうために軽トラックで通りがかった。昨夜来の雪で道路はつるつるに踏み固められ、風が強かったために、あちこちに吹きだまりがある。前方に、1台の乗用車がその吹きだまりに突っ込み、もがいている。亀になった註1

ようだ。50男も以前同じ体験をしている。その時は通りがかった4輪駆動車がロープで引っ張ってくれた。50男はもがいている乗用車の後ろに軽トラを止めた。ダウンジャケットを着た30そこそこと思われる男が車から降りてきた。
「どうした?」50男が尋ねた。「亀になってしまった。」50男は乗用車の下をのぞき込んでみた。車の下に大量の雪を抱えている。船なら暗礁に乗り上げたのと同じ事だ。若い男はさかんにエンジンを吹かし脱出を試みるが暗礁に乗り上げた車は、タイヤが高速で空回りするだけで一向に動く様子がない。

「だめだなこれは、ロープはあるかい?」若い男はかぶりを振った。「スコップは?」やっぱり男は首を横に振る。50男は軽トラからスコップを降ろし、腹ばいになりながら乗用車の腹の下からがちがちに固まった雪を掻き出し始めた。なかなか作業がはかどらない。若い男は黙ってダウンジャケットの襟を立てながらその様子を眺めている。50男は手袋をしていない。若い頃むちゃをして軽い凍傷にかかって以来、指先が血行不良になっていた。汗をかくほど身体は温かいが、寒さで指先の感覚がだんだんだ無くなってきた。若い男は車の中から缶コーヒーをとりだし飲み始めた。何度も時計を見る。小さな声で「時間がないな」と言った。50男は「トラックにもう一つスコップがあるよ」と言いかけたがやめた。
50男は「にいちゃん、俺も時間がないから・・・」次のことばを発するまでわざと間をおく。若い男に不安気な表情が漂う。「俺も時間が無いから、行くわ」
「エッ」と一言発したまま若い男は固まってしまった。若い男に一瞥をくれた凍傷男はニコッと笑って言った。「にいちゃん、心配するなよ!春になれば・・ 雪も融けて・・亀からの脱出だ。もう少しそこにつったっていれば」 


註1 雪国では上記のような様を亀に擬えて 亀になると言う。
スポンサーサイト

ためらいながらも「禁煙宣言」です

ためらいながらも禁煙宣言です。
大晦日の夜もすでに10時をまわりました。外は今、北西の風が吹き荒れています。今この時間、国道8号線を走る車はなく、静かな夜です。
この間、「禁煙宣言まであと一歩」という記事を書きました。どうせなら区切りの良いところでたばこをやめようと思っていました。明日は1月1日です。これほど区切りの良い日がありましょうか。明日から100年間だけ禁煙することにしました。101年目にはまた煙の世界へ戻ってくるつもりです。37,200,000円の100年間の禁煙貯金を手にして。今日は吸い納めです。今、最後の一本に火を点けました。これでタバコとはしばしの別れです。一応念のために4箱だけ買い置きをしましたが明日はゴミ箱行きです、たぶん。

IMG_0207_3.jpg



家を一歩出るとこんな風景が広がる。

11月ももうじき終わろうとしているのに記事の更新を1回もしていない。決してサボっていた訳ではない。更新のできない深い理由があったからだ。 11月ともなると、鮮やかに色付いた木々の葉っぱも、ひらひらと舞い散り、枝元を離れ大地に吸い込まれていく。太陽の下、懸命に光合成で木々の命をつなぎ、地球上のあらゆる生物に酸素を供給し続けた役割を終え、潔く散っていく様を見ると、葉っぱの無念さを想い、もの悲しくも、哀れな気持ちが私を襲い、はらはらと涙がほほをつたう。大荒れでのたうち回っている海が目にはいると、「こいつらは一体何を怒っているのか?」と煩悶し、相変わらず儲からない「ume小間物工事店」の行く末を案じ、イチローの契約更改はどれ程の金額になるのかに余計な心配をし、山田洋行からむちゃくちゃな接待を受けていた守屋の脇の甘さに憤慨するよりは、危機管理のいい加減さにあきれる。千手観音のごとく根が四方に伸び、歩留まりの悪い「陸ワサビ」に心を痛め、テンポ良く進まない仕事にイライラが募る。冬の入り口11月はミミズの赤ん坊のように小さくヤワな心に重くのしかかる。訳の分からないゴタクを並べているうちに、ナント11月が終わろうとしている。「春よ、早く来い!と叫ぶにはまだ早すぎる。
ということで、久しぶりの更新だ。 今日は天気が良かったので、めい犬ウメと裏山へ散歩に出かけることにする。 11 005
家の前の風景。今日は穏やかな海で心が和む。 20071125181746.jpg
刈り取りの終わった田園風景。白く見えるのはたくあん用の干し大根。海からの季節風に晒された大根は良品干し大根になるが、需要が減って、生産量もわずかになった。

20071125195423.jpg

茶色の風景と化した林に彩りを添える「ムラサキシキブ」残念ながら手ぶれだ。 20071125193816.jpg
枯れた杉ではない。枯らした杉である。せっかく植樹した杉だが切り出す費用がかかり、北洋材を購入した方が安いということで、邪魔者扱いを受け、皮を剥いて強制的に枯らし、根本に火をつけて処理する。天寿を全うすることも、建築材としての役割も果たせず、灰になるのを待っている。

20071125212138.jpg


林道に佇むリンドウのつぼみ。これも手ぶれ。


20071125212416.jpg


千手観音になった「陸わさび」
春に植えた「陸ワサビ」が食えるようになった。本ワサビより香りが良く、辛みと甘みが同居する。おひたしや白菜、野沢菜の漬け物の薬味として遣う。先日、テレビで小朝が「山ワサビ」として紹介していた。もみ海苔とワサビをご飯に載せ数滴の醤油を掛けて食らうのが好きだそうな。私はお茶漬けに添える。



20071125213745.jpg


三日前の妙高山。すでに雪をたっぷりと蓄えている。どうじゃこの雄大さは。

やっとこさ映像のアップの仕方が分かったよ。

100年ぶりの旅『上州、信州への駆け足小旅行』

週末に上州、信州の小旅行に行ってきた。100年ぶりの旅になる。
出不精である私がたとえ小旅行であっても他県まで足を伸ばすというのは大変な椿事である。日頃の私の行動範囲は、僅かなもので、奈良の大仏さんほどではないにしても、石の地蔵さん並である。今回の旅行にしても、断り切れない仕事がらみの団体旅行だった。
初日は会合だけで一日が終わり、夕刻に上州にある温泉地の宿に着いた。スケジュールの関係で、お茶を飲むまもなく夕飯の時間になってしまった。旅行の楽しみの一つに、宿の夕飯がある。日常から離れた空間の中で呑む酒と彼の地の特産の食材に舌鼓を打つのは、なかなかに魅惑的な時間である。私は酒が呑めないから、「さてどんな料理が出るやら」と、盆の上に並ぶ料理に期待しながら宴席に着いた、というのはウソで、過去の経験に照らし合わせて、まったく期待せずに席に着いた。並んだ料理は、献立までが私の予想通りであった。業務用の半製品であろうカニの甲羅に入ったサメザメとしたグラタン、マグロの赤身とぶりの刺身、小さな鍋に入った「ナントカ鍋」と茶碗蒸、エーとそれから・・・?、一昨日のことだがもう忘れた。品数だけはさらに六、七品もあったであろうか、料金の問題もあるから、極上の料理が出てくるはずはないと承知しているが、それにしてもひどい料理だ。そこには創意も工夫も、努力も、もてなしの心もない、付加価値だけを追求した料理が並んだ。期待していたわけではないから、ガッカリもしなかったし、雑食、大食、早食いの私は文句をつけながらも卓の上の料理らしきものをきれいに平らげて、さっさと部屋に引き上げた。部屋では、朝、コンビニで買った文庫本、宝島社発行の「戦後未解決事件史」を読む。取り上げている事件は、狭山事件、3億円事件、帝銀事件、下山事件、八海事件などなど。このホンで「アナタハン島の女王」事件というものを初めて知った。それにしてもエラク薄味のホンだった。少なくとも二カ所のひどい誤字を発見。宝島社と言えば、昔は意欲的でユニークな出版物があったのだが。
夕飯の仇は朝飯でと言うことで、翌朝、定番朝飯バイキングをたらふく食べて、宿をあとにする。
急性メタボの腹を抱え上州から信州へ。
信州ではまず別所へ。北向き観音を拝んでから安楽寺へ、鎌倉時代に建てられたという国宝「八角三重塔」を腕組みをして見る。当時の建築現場はどんな風であったのだろうか。竣工検査は厳しかったのだろうか。工期をきっちり守らない場合はどんなペナルティーがあったのだろうか。大工の労賃はいかほどだったのか。三重塔の背景にある木々の紅葉が美しい。真っ赤なモミジの葉がひらひらと散る。かわいい実をつけた真弓は当時もこの境内にあったのだろうか。信州には自生しないはずの大きく育った高野槙。紀州から運ばれてきたのか。どれほどの年輪を刻んでいるのか。当時の大工もこの美しい光景を見たのであろうか。しばし古人の営為と木々の生い立ちに思いを馳せる。
時間がない!すぐ近くにある前山寺へ駆け足。樹齢700年のケヤキの大木が出迎えてくれる。どれほどの胴回りなのか。700年が私を圧倒する。ふと大樹の根元を見ると、参拝に訪れた人々から足蹴にされたケヤキの苗が草刈りの餌食にもならず、地に根を張っていた。そっと引き抜く。家に帰ったら六号鉢に植えよう。さて、寺の成り立ちはどうであったか、ホームページを開いてみよう。ン?そんなものどこにも書かれていない。名物「クルミおはぎ」は700円だそうな。

昼飯は近くの観光キノコ園で、キノコ料理。おがくずで育てたシメジ(モドキ)、ナメコ、椎茸。信州まで出かけて食うほどのものではない。シメジ(モドキ)は冷凍して解凍せずにそのまま料理すれば格別にうま味成分が増すと、「・・がってん」で志の輔が言っていた。これくらいの情報キャッチしろよオーナーさん。
お次は上田の「池波正太郎館」による。生原稿、傘ステッキ、自筆の絵、スーツ、いろいろ。。ファンならたまらない品々。館長の説明が丁寧。立ち読みで、「まつや」の項をを読む。フムフムである。ハイ、サヨウナラ。お次は長野博物館で「信玄と謙信展」、入場料500円は高い。ハイ、サヨウナラ。リンゴを買って信州よさらばじゃ。

古き建造物と美しき自然の存在感。薄っぺらな現代人のうごめき。見事なコントラストの旅であった。


「野菜の横綱」ギブアップ宣言

私は日本で3本の指にはいるくらい「ナス」が好きだ。地味な野菜で、味も食感もこれと言った特徴がなく、水分がほとんどで、栄養もない野菜だから、「ナス好き」と言っても「こよなくナスを愛する者達による平和連合」(ナ平連)といった大きな勢力はできそうにもない。
実は、ずっと棚晒しになって埃を被っている「野菜の横綱」には、強力に「ナス」を推挙する予定だった。しかし、「横綱」は「強靱な体力と個性的な技を持っていなければならない」という社会通念からすると、ナスはいかにも線が細いのだ。「俺が好きだから」という理由では、あまりに説得力のない横綱推挙の弁だ。色が艶やかで独創的、ヘタを持っている、形がユニーク、煮ても、焼いても、生でも食える、特徴をいくつか探し出してみたものの、よく考えてみれば、そんな野菜ははいくらでもある。そんなこんなで、ひいきの野菜を強引に横綱に推挙できないことを悟った私は、横綱審議委員長としての使命感がだんだんと萎えてきた。知らんぷりを決め込んで、そーっと「野菜のランキング」欄を外してしまおうかとも考えたのだけれど、ここは潔く「も う し わ け あ り ま せ ん」とコウベを10秒ほど垂れた上でのギブアップ宣言をすることにする。「野菜の横綱」は終章を迎えることなくすごすごと退散だ。
さて、しかしだ、ナスの話はまだ続く。今年の我が家の自家栽培のナスは近年にない不出来だった。毎年春先に、私はナス栽培責任者(母)に「他の野菜はどうでも良いから、ナスだけはくれぐれも粗相のないように扱い、身の締まった艶やかなナスを生産してほしい」旨を申しつける。さらに、長雨がたたったとか、日照時間が少なかったとか、日照りで水不足だったとかは言い訳だから、どんな気候になってもナスにとって最適な環境を作るよう付け加える。
ところが、2007年度のナスはひどく不作で品質も悪く、私をガッカリさせた。しかも、あれほど強く言ったにもかかわらず、母は「猛暑による水不足」を不作の理由に挙げ、言い逃れしようとした。「水分不足なら、毎日水遣りをすればいい」と、至極もっともな指摘をしたのだけれど、「それならお前がやればいい」とこれまた至極もっともな反論の言葉だ返ってきた。
「盆栽の水遣りは毎日やっているのだから」とさらに追い打ちを掛ける。
盆栽は家の裏にあるから、水遣りはさほど手間もかからないし、何より本日のご機嫌がどうであるかのお伺いを立てる必要があるので、手抜きをするわけにはいかないが、ナス畑は車で5分ほどの裏山まで登らなければならないから、エネルギーの消費が随分違う。母はさらにたたみかける。「だいたいお前は今年ソバを蒔いて秋になったら旨い蕎麦を食べさせてあげると言ったけど、あの話は一体どうなった?」
一挙に私の方が形勢不利になってきた。、討論会を打ち切るより仕方ない。討論会の流れからすると、来年からは私がナス栽培責任者にならなければいけないようだ。            つづく

次回は『お薦めナス料理』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。